参考書籍 Edit

目次 Edit

オススメ本 Edit

OS自作入門 Edit

まったくの初心者ならまずここから。
cとアセンブリをかじったことがあれば、コンピュータアーキテクチャについて学びながらひとつのOSが作れます。
ただ、初心者向けなので、大雑把にしか学べません。細かく勉強するなら"はじめて読む486"がわかりやすいです。

はじめて読む486 Edit

CPU(486以降)の仕組みが非常にわかりやすく書かれています。
Intelの技術書を見ていてもよくわからなかったのが、すっきりわかるようになりました。

Linuxのブートプロセスをみる Edit

OS自作で第一につまづきやすいブートプロセスをLinuxを材料に、細かく解説されています。
薄い本に、ぎっしり重要なことが書かれているので、もっていて損はないと思います。
ただ、こうだと思うとか、微妙なニュアンスがよくあるので、少し信憑性に欠ける気がします。

GNU Make Edit

GNU Make公式マニュアル。
makeの概念、ルールの文法、変数とマクロ、関数、大規模プロジェクトで利用する方法、Windows環境での注意など、基礎から高度なテクニックまでを詳解する。
原著第3版の翻訳。

Tech Iシリーズ Edit

数少ない日本語のハードウェア解説書が多数出版されているシリーズです。
他にもgasやnasmといったアセンブラの本などもあります。

Vol.10 ATA(IDE)/ATAPIの徹底研究 Edit

少し前のHDDやCDドライブとの通信規格であるATA/ATAPIについて解説されています。

Vol.44 シリアルATAの基礎とFPGAへの実装 Edit

ようやく、SATAの本が出ました。

Vol.45 改訂版 ATA(IDE)/ATAPIの徹底研究 Edit

ATA(IDE)/ATAPIの徹底研究の改訂版です。最新の情報も載っています。


Since 2008 July. OS Project Wiki
リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS