特権レベル Edit

目次 Edit

特権レベル Edit

特権レベル対象
00b00OS
10b01
20b10
30b11アプリケーション

特権振り分け対象 Edit

  • OS
  • アプリケーション
  • デバイスドライバ

特権レベルの種類 Edit

CPL : Current Privilege level Edit

現在実行中の特権レベル
現在実行中のセグメントのDPLがCPLと等しい。

DPL : Descriptor Privilege level Edit

セグメント・ディスクリプタに設定された特権レベル
各セグメントに特権を割り振るための特権レベル。

RPL : Requested Privilege level Edit

要求特権レベル
システムコール時に要求する特権レベル。
RPLよりCPLが弱ければ一般保護例外が発生する。

コメント Edit

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • Windows NT系はカーネルモード(スーパーバイザー)とユーザモードしかないようです。 -- ヒデ 2009-03-10 (火) 23:45:21
    • これは、移植性を高めるためだそうで、移植性を高めると、当然アーキテクチャの利用できる機能が限られてくる。 -- ヒデ 2009-03-10 (火) 23:47:40

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


Since 2008 July. OS Project Wiki
リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS